社会福祉法人甲南愛育会
  

TOPページ   園の概要   保育方針   一日の流れ   年間行事   給食   入園案内   一時預り事業   子育て支援 

     

 ・・・食に関する様々な情報を発信するページです
 



              

■3月 〜来年度に向けて〜 

  〜来月から新しいクラスに進級します。
   この1年で、お子さんはどんな成長が見られましたでしょうか〜
 0歳児
   
   入園した時には離乳途中で、食べる時に眠くてぐずってしまったり、
    上手にカミカミできなかったりしましたが、今では様々な食材を食べられるようになりました。

 1歳児
   
    以前は苦手なものが多かったのですが、最近では先生やお友達とおしゃべりしたり、
    楽しい雰囲気の中でもりもりと食べています。
    残食も少なくなり、「お皿がピカピカになったね」と喜んでいます。


 2歳児
    
    以前は、おぼつかない手つきでスプーンを握っていましたが、今ではこぼさないように
    頑張りながら、しっかりご飯を口に運んでいます。
    2月から、フォークも使えるように頑張っている途中です。  

  
 3歳児
    
    食べにくい料理には、時間がかかっていましたが、今ではみんな一緒に
    「いただきます」「ごちそうさま」ができるようになってきています。
    去年の11月ぐらいから、お箸を使って食べる練習もしています。

  
 4歳児
       
    「おかわりください!」と、給食室までくるようになりました。
    今年1月からは、自分でおかずをよそい、食べられる量だけを考えて入れています。

  









■2月 〜見てみよう!給食室前の掲示物 〜 

  〜甲南保育園の給食室前には、色々な食材とそのはたらきについて
   幼い子どもたちにも一目でわかるように、絵で説明されているホワイトボードを掲示してあります〜
 脂質・炭水化物・・・エネルギーになる食材
   油・ごはん・パン・麺・さつまいも・・・等
 たんぱく質・・・血や肉・骨になる食材
    魚・肉・大豆、貝、牛乳、卵・・・等
 ビタミン・ミネラル類・・・体の調子を整える食材
    にんじん・玉ねぎ・キャベツ・いちご・みかん・海藻・・・等


   とてもカラフルなボードで、子どもたちが飽きずに眺めていられるデザインとなっています。
   毎日、子どもたちも楽しそうに見ています。
   是非、一度見てみてください!!

  ◆1月の食育教室◆   「食材の匂いあてクイズ」

  1月の食育教室で、3・4歳児クラス対象に食材の匂いあてクイズをしました。
 
  にんじんからバニラエッセンス、ゆず等のにおいを
  食材がどんなものかわからない状態で、どんなにおいがするか色々な感想を言ってもらいました。
  
  今回の経験を通し、目や舌だけでなく、普段見過ごされがちな嗅覚を用いて
  食を楽しむきっかけになればと願っています。


 









■1月 〜 寒さに負けない強い体を作ろう A 〜 

  冬本番で、寒さもいっそう強まり、体調を崩す人も多くなりました。
  甲南保育園給食室では、冬を乗り切るあったかメニューとして、下記のメニューを取り入れています。



 #12月#
    おでん、石狩鍋、筑前煮、鮭のクリーム煮、すき焼き風煮・・・など、
    なるべく温かいまま食べられるような料理を取り入れました。
    また、体を温める作用のあるしょうがを用いた献立も取り入れています。
 #1月#
    ポトフ、みそちゃんこ鍋、冬野菜のクリーム煮・・・・などのあったかメニューと
    お正月にふさわしく、
     給食では、紅白なます、赤飯・・・など
     おやつでは 七草粥、ぜんざい、かぼちゃようかん を計画しています。
    お正月の行事食として、こどもたちの食の記憶に残るように意味のある給食を心がけています。
  








■12月 〜 寒さに負けない強い体を作ろう @ 〜 

  寒さが厳しくなってくる季節には、風邪に負けない丈夫な体作りを目的に、
  使用する食材に気をつけて、献立を立てています。



 ≪免疫力や抵抗力をアップ≫
    良質のたんぱく質(しっかりした体を作り、維持する)
       肉・魚・卵・豆製品・乳・乳製品 等
    ★ビタミンA、β-カロテン(皮膚、のど、鼻の粘膜を強くして、細菌やウイルスの侵入を防ぐ)
       かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、にんじん、チンゲン菜、ねぎ 等
    ★ビタミンC(免疫細胞を増やし、回復を早める)
       みかん、じゃがいも、さつまいも、カリフラワー、キャベツ、白菜 等
  
 ≪体を温める効果≫
    ★ビタミンE(血行を良くする)
       バター、植物油、ごま、ごま油、大豆 等
    ★その他
       しょうが、しいたけ、しめじ、根菜類、いも類 等
  その他にも、寒い季節にピッタリな、おでん、石狩鍋、すき焼き風煮、筑前煮等の
  あったか料理や年末年始にふさわしい雑煮や栗きんとんを考えています。








■11月 〜食材に触れる楽しさを〜 

   甲南保育園では、食材に触れる楽しさを知ってもらうことで、食べることへの好奇心や積極性を養う目的で
   食育教室を開いています。
   今年開かれた食育教室ではこんな声が聞かれました☆



4

6月25日 とうもろこしのひげとり・皮むき ◆こどもたちの感想
   「もっとしたい!」「とうもろこしのひげって、すごくいっぱいだね」
   「なんであんなにひげがついてるのかなぁ?」
◆担任から一言
   初めてとうもろこしに触れるこどもが多く、興味津々でした
   むきおわると嬉しそうに見せてくれました
9月9日 月見団子作り
3

6月29日 うすいえんどうの皮むき ◆こどもたちの感想
   「楽しかった!」「おもしろかった!」「ゴロゴロしていた!」
   「またしたい!」「次は何をするの?」
◆担任から一言
   みんな楽しそうでした
   次回も楽しみにしている様子でした
9月9日 月見団子作り
2

10月13日 しめじの房わけ ◆こどもたちの感想
   「あのしめじあったよ!」(おみそ汁の中のしめじを見て)
   「三角巾、かわいい?」
◆担任から一言
   前日からとても張り切っていました
   興味津々で、触ったり匂ったり、友だちと楽しそうに
   お話していました








■10月 〜年齢に応じた食事のマナー〜 

   甲南保育園では、将来の正しい食の知識の礎となるように、
   年齢に応じたマナーを身につけるよう、特に次のようなポイントに注意しています。




0歳児

 
「おいしいね」「かみかみよ」など楽しく、咀嚼をしっかりできるような言葉をかけながら
 食べています。手づかみやスプーンで意欲的に食べられるように見守っています。

1歳児
 食事とその他の時間(あそびや睡眠の時間)との区切りをつけ、生活のリズムを整えるように
 しています。嫌がらず自分から進んで食べるように食事の雰囲気を大切にしています。


2歳児
 苦手な料理でも、まず口に入れて味を体験させるよう心がけています。遊びながら食べてしまう
 ときなど、食事に集中できるように言葉をかけながら進めるようにしています。

3歳児
 ごはんやおかず、汁物などを交互に食べることや、フォーク・スプーンの持ち方の練習、
 正しい姿勢、口に食べ物を入れてお話しないように、など指導しています。


4歳児
 茶碗を手に持って食べる、食べ終わった後の食器の片付け、時間内に食べられるように、
 箸の持ち方の練習、当番の子どもが「いただきます」の声かけなどをしています。





 
●全体を通して「おいしいね」の言葉を添えて、保育士も含めてみんなで一緒に食べ、
   食べる意欲を育てるようにしています。

 ●楽しい雰囲気の中で食事を摂り、「いただきます」「ごちそうさま」と、感謝の気持ちを
   持てるように心がけています。










■9月 保育園の行事食 

   甲南保育園では、季節の移ろいを肌で感じ、食の歴史に触れることを目的として、
   年間の行事食に力を入れています。


   主な行事食とその由来は・・・

    正月料理
 黒豆入り茶巾:
黒は魔よけの力があるとされ、まめに働き、まめに暮らせることを願います。
 金時にんじんの祝い煮:色鮮やかな金時にんじんは、おせち料理に重宝されます。

    七草雑炊(粥)
 「七草の節句」に、7種の菜の入った粥を食べて、年間の邪気を払い、万病を防ぎます。


     おもちつき 
 昔は、もちをついて、神仏にお供えしたり、おめでたい様式に用いていました。

     節分 
 いわしのフライ:
邪気を払うために、いわしの頭を門口にさした習慣に由来しています。

    ひなまつり
 菜の花ずし:
春の訪れを告げる菜の花を使って、彩りよく女の子の日を祝います。


    七夕そうめん
 「七夕にそうめんを食べると、大病にかからない」という宮内での習慣が、一般的に普及しました。
 そうめんは天の川や織女のはた織りにかけた糸に見立てられていました。

    月見だんご
 9月の満月の夜に、萩とすすきをともにお供えし、日々の食物に感謝する心を
 忘れないようにしたことが由来です。




      。.。:+* ゚ ゜゚ *+ 今年の中秋の名月は、9月22日です  *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

                  甲南保育園では、9月9日に

              3・4歳児組対象に「だんごづくり」を行います。










■8月 園庭での夏野菜栽培 !! 

   保育園では、「命をいただいている」という感謝の気持ちを自然に身につけてほしいとの願いから、
  園庭での野菜の栽培や収穫をこどもたちが行い、収穫された野菜を厨房で調理し、こどもたちが
  実際に食べる機会をもうけています。

   
≪園庭で栽培している夏野菜の種類≫
      なす・ピーマン・きゅうり・オクラ・ゴーヤ・トマト・プチトマトなど。

    
その中で7月中旬までに収穫された野菜とその調理例をご紹介します☆

      なす・・・・・・・煮浸しやあんかけ、ラタトゥイユにしました。
      きゅうり・・・・・サラダや湯通し後マヨネーズをつけて、時には素材のままで食べました。
      トマト・・・・・・サラダやトマトソース、トマトの冷製スープにしました。
      プチトマト・・・湯むき後、ドレッシングと合わせて食べました。
      ゴーヤ・・・・・ 卵とチャンプルーにしました。


   
 ゚・*:.。.野菜嫌いな子も、みんな進んで食べる姿が見られました!!.。.:*・

                                                  









■7月 家庭でできる食育について 

  食育は、園の保育者だけでは成り立ちません。
  ご家庭でできる食育について、次の7か条が挙げられます。
  ともに実践してみましょう☆
  
     1.朝ごはんをしっかり食べましょう!

     2.会話をしながら、一緒に食べましょう!
        (いただきます、ごちそうさまのルールを守ってください。)

     3.献立は、大人が決めましょう!
        (こどもの欲しがる食べ物を欲しいだけ与えるのがよい食事とはいえません。
         大人が責任を持って、こどもの成長に合わせた食事を与えてください。)

     4.日頃の食事と特別の日の食事を分けましょう。

     5.積極的に、こどもにもお手伝いをさせましょう!

     6.こどもが食べられる量だけを作って、残さず食べる習慣をつけましょう!
 
     7.食を通じて、こどもと一緒に考え、一緒に感動しましょう!

                                                  









■6月 旬の食材を食べましょう 

  食材の、春夏秋冬の季節ごとに一番出回る時期を旬(またの名を出盛り期)といいます。
  旬の食材は栄養価が高く、安価で味も濃厚でおいしくいただけます。
 
  最近では温室栽培などでいつでも店先に並ぶようになり、旬の食材があいまいになってしまっていますが、旬の食材を
  積極的に摂り季節を感じる心を育みましょう。

  園の5月の献立では
   
    旬の野菜カレーライス・・・新玉ねぎ、新じゃが
    豆ごはん・・・うすいえんどう
    竹の子ごはん・・・たけのこ
    グリーンアスパラのサラダ・・・グリーンアスパラ、新キャベツ 
    デザート・・・イチゴ

                                                   などを献立に盛り込みました。






■5月 こどもの日 

  こどもの日は、端午の節句(たんごのせっく)にちなんで、子どもの人格を重んじ、幸福をはかるよう、
  戦後新しくつくられた国民の祝日のひとつです。

  こどもの日にいわれのある食べ物に、ちまきと柏餅があります。
  これは、いずれも日本ではもっとも古いお菓子(ボトといわれる古い唐菓子)の形をしたものといわれています。

  ・柏餅が日本の歴史に登場したのは、寛永年間(1624-1644)頃のようです。
   柏の葉は、新芽が出ないと古い芳賀落ちないという特徴があるので、「子どもが産まれるまでは親は死なない」
   すなわち「家系が絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。

  ・柏餅が日本のオリジナルな祝い餅な一方、ちまきは中国の行事とセットで日本へ伝わってきた習慣です。

  中国の故事から、中国では五月五日の節句には、節物としてちまきを作り、親戚や知人に配るという習わしが生まれました。
  そして、その風習は病気や災厄を除ける大切な宮中行事、端午の節句となったといわれています。
  
  時が流れた後、中国の三国志の時代、端午の節句は魏(ぎ)の国により旧暦五月五日に定められ、
  やがて日本にも伝わってきました。







■4月 生活リズムを整えましょう! 
 
  新年度がスタートします。気持ちも新たに、規則正しい生活をスタートさせましょう!
 @栄養(食事)  〜1日3回の食事を楽しく食べましょう〜
   毎日の食事は、生活に必要なエネルギーを摂り、筋肉や骨など体を作り、おいしいものを食べることで
   満足感を得られます。塩分控えめの塩味にし、おやつは種類と量を考えましょう。
 A運動      〜適度な運動で、心と体をリフレッシュ〜
   運動をすることで、筋肉や骨が強くなり、体力がつきます。また、心と体を気持ちよくさせます。
   さらに、血液状態や姿勢もよくなり、太りすぎを予防します。昼間はたくさん遊びましょう。
  
 B休養      〜早寝、早起きをしましょう〜
    睡眠は、脳と体を休息させるだけではありません。骨を伸ばす、筋肉を増やす、イライラを防ぐ、
   感情をコントロールする、といったホルモンの分泌が行われます。また、病気に対する抵抗力や
   治る力を向上させます。朝は7時までに起き、朝日を浴びましょう。お昼寝は、3時まで。
  
 
   ★これら3項目を合わせて「健康3原則」といいます。規則正しい生活をし、健康な体を作りましょう!★
   







■3月 ひなまつり 
 
  3月3日はひなまつりです。ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願います。
  ひなまつりの行事食にはどのようなものがあるのでしょうか。


  菱餅   よもぎもち、菱を入れた白い餅、クチナシを入れた赤い餅からできています。
  これら3つを重ねることで、春の情景をイメージします。
  ひなあられ   関西ではあられ、関東ではポン菓子です。菱餅を砕いて作ったという説があります。
  桃花酒   桃の花を酒に浸したお酒です。
  白酒   蒸したもち米に、みりんか米麹を加え、さらに焼酎を混ぜて仕込み、熟成し、
  すりつぶしたものです。
  甘酒   酒粕を使ったものと、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせたものがあります。
  ちらし寿司   えび、れんこん、豆など、縁起の良い具がたくさん入っています。
  三つ葉や玉子、にんじんなど、鮮やかな色で食卓を彩りましょう。
 
 行事食には、さまざまな思いが込められています。受け継いでいきたいですね。






■2月 おいしく楽しいおやつ 
 
  こどもたちにとって♪おやつ♪は・・・
    @ こどもの消化器は未熟なので、3度の食事だけで栄養を満たすことは難しいです。
      その為、おやつでの栄養補給が大切です。
    A 生活リズムを整え味覚を育てるだけではなく、楽しいくつろぎの時を与えてくれます。
    B 新陳代謝が活発なこどもには水分が必要です。おやつの際には水分補給を心掛けましょう。



*たくさんの味を知って大きくなっていくこどもたちが喜ぶおやつのレシピです。
  
 カリポリじゃがいもプリッツ       *2月の献立より
 材料(作りやすい量です)  作り方
     じゃがいも    60g    @ じゃがいもは蒸してつぶし、小麦粉とバター、ごく少量のお湯で溶いた
     小麦粉     60g       コンソメ、塩を加えてよく混ぜる。
     バター       18g     A 2〜3mmの厚さにのばし、2〜3mm巾のスティック状に
     コンソメ(顆粒) 大さじ1       切る。(冷凍庫で冷やすと切りやすいです)
     塩        少々     B オーブンで180℃位、15〜20分焼く。






■1月 おせち料理
 
  1年のはじまりはお正月にあります。お正月のごちそう!おせち料理は召し上がりましたか?
  おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で縁起を担ぎ、重箱に詰めます。
  詰められる料理には、次ような意味がこめられています。


  黒豆   家族みんなが「まめ(まじめ)」に働き、「まめ(元気)」に暮らせますように!
  数の子(にしんの卵)   子がたくさん生まれて、代々栄えるように!
  田作り(ごまめ)   豊年豊作・五穀豊穣を願う気持ちがこめられています。
  昆布巻き   「喜ぶ」の語呂合わせです。
  海老   腰が曲がるまで、元気で長生きできますように!
  きんとん   「黄金の団子」という意味で、財宝を表します。
  伊達巻き   「伊達」とは、華やかさ、派手さを表し、文化の発展を願う縁起ものです。
  






LINK   法人概要   プライバシー・ポリシー   採用情報   苦情解決について   お問合せ



甲南保育園 〒658-0011 神戸市東灘区森南町3丁目1−4
Copyright (c) 2009-2011 konan nursery school All rights reserved.
since 2009.4.1