幼保連携型認定こども園とは

幼保連携型認定こども園は、教育と保育を一体的に行う施設として、幼稚園と保育所の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。

また、認定こども園への入園に関しては「保育の必要性」の程度により、3つの区分に分類されます。

●1号認定こども : 教育標準時間(4時間基準)を利用する満3歳以上の就学前の子ども    
●2号認定こども : 保育の必要性の認定※を受けた満3歳以上の就学前の子ども
●3号認定こども : 保育の必要性の認定※を受けた満3歳未満の子ども

※保育が必要とされる事由 
◇就労(フルタイム・パートタイム・居宅内労働等、基本的に全ての就労を含む)
◇妊娠、出産
◇保護者の疾病、障害
◇同居又は長期入院している親族の介護・看護
◇その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

入園について


1号認定こども 2・3号認定こども
入園対象者 地域又は世帯の就労状況に関わらず、希望する方は原則入園可能
(但し募集人数に達するまで)
原則、神戸市東灘区在住者が優先され、就労状況等優先順位の高い方より入園可能
入園受付 優先枠ごとに受付募集人数が定員を上回る場合は抽選 区役所にて申込み、利用調整される
入園願書
(申込書提出先)
当園へ入園願書を提出 区役所窓口へ利用申込書を提出
入園決定 当園より内定通知書を発行
市役所にて教育標準時間認定の手続きを経て、当園での面接及び契約
区役所にて利用調整を経て内定後、当園での面接及び契約

令和2年度現4歳児(現年中児)クラス
1号認定こどもの追加募集について